COLUMN

2023.01.27

飲食店の内装決めは意外と難しい?インテリアはどう選ぶ?

飲食店の内装を決める際に重要なのが、インテリア選びです。

とはいえ、インテリアにも様々な種類がありますので、

「どれを選べばいいの?」

「何を基準に選べばいいの?」

と迷う方もたくさんいると思います。

 

そこでこの記事では、飲食店のインテリア選びで意識すべきコツをいくつか紹介していきます。

 

飲食店のインテリア選びのコツ

では早速、飲食店のインテリア選びで意識すべきコツについて、詳しく解説していきます。

 

イメージやコンセプトにマッチさせる

飲食店のインテリアを選ぶ時は、イメージやコンセプトにマッチさせることが大切です。

例えば、

「落ち着いた大人の隠れ家」

というコンセプトの飲食店に、可愛らしい派手なインテリアを置いてしまうと不自然な印象を与えてしまいます。

 

このような不自然な内装になってしまうと、お客さんの満足度や評判が低下する可能性が高くなりますので、コンセプトやイメージに合ったインテリアを選ぶようにしましょう。

 

デザイン性だけでなく実用性にもこだわる

飲食店のインテリア選びでは、デザイン性だけでなく、実用性にもこだわることが大切です。

「オシャレだけど使い勝手が物凄く悪い」

というようなインテリアを置いてしまうと、お客さんの満足度が低下します。

 

これではオシャレなインテリアを配置する意味がなくなってしまいますので、デザイン性と実用性のバランスを意識しながらお店にマッチしたインテリアを探すことをおすすめします。

 

テーブルと椅子の高さを合わせる

飲食店には、テーブルと椅子が必須ですが、それぞれの高さを合わせておかないとお客さんにストレスを与えることになってしまいます。

お客さんに楽しく、快適に料理を楽しんでもらうためにも、テーブルと椅子の高さのバランスをしっかりと確認しておきましょう。

 

レイアウトや動線を意識する

レイアウトや動線を意識しながらインテリアを選ぶということも大切です。

インテリアのサイズや形を一切考えずに選んでしまうと、

・通路が狭すぎる

・動線が確保できない

というようなトラブルが起こる可能性が高くなりますので注意してください。

 

まとめ

飲食店のインテリアは、内装決めにおいてかなり重要なポイントであり、適当に選んでしまうとお客さんの満足度が低下したり、不自然なレイアウトになってしまったりする可能性が高くなります。

 

このようなトラブルを避けるためにも、今回紹介したことを参考にしながら、自分のお店にぴったりのインテリアを探していきましょう。