COLUMN

2018.10.04

〜ホストクラブ設計術 02〜 「ホストクラブのデザインは、男性目線?女性目線?」

ホストクラブの内装デザインは、大きく2つに分かれているような気がします。
まずは、不動の人気!働くホストの皆さんのモチベーションを上げる<かっこいいテイスト>のお店。
以前は、空間はブラックをベースにまとめ、ポイントにシャンデリアを付けているお店が多い印象でしたが、最近のトレンドは、LEDや映像コンテンツを活用したエンターテイメント性の高いデザインにシフトしています。

こちらは、比較的男性よりのデザインになりますが、ホストクラブという非日常空間の中で、さらにデジタルサイネージや特殊照明などの演出を施すことで、働くホストの方も来店されるお客様も気持ちが高揚し、感度の高い空間演出が可能になります。
各種イベントやバースデーイベント等にも有効なツールであり、デジタルサイネージと演出照明をうまく活用することで、多種多様な空間を作り出すことができ、とてもオススメです。

 

男性人気のテクノロジーを駆使したかっこいいテイストとは相反する、
女性目線のラグジュアリーで華やかな<ラウンジテイスト>のお店も人気です!

 

来店されたお客様をカウンターで出迎え、フロアへとエスコート。ソファは、ホテルのラウンジのようにゆったりとくつろげるよう設計しており、意中のホストの方と特別な時間を過ごすに相応しい空間とします。
ゴージャスなシャンデリアや光沢感のあるきらびやかな素材、ミラー等を使いつつ、それだけでは、ありふれたデザインになってしまうため、何かキャッチーで魅惑的なデザインを加えます。

 

 

ペーパーフラワーアート/花アート

 

グラフィックアートやオブジェ、フラワーアレンジ面と等、お店の顔になるようなデザインの魅せ場を作ることで、来店された女性が「かわいい」と店内写真をSNSにあげ、お店のPRをしてくれます。
「あそこのお店に行ってみたい!」と思わせる、魅せ場を作ることで、他店には真似できないデザイン性の高い店舗となります。

 

あなたは、男性目線の店舗と女性目線の店舗、どちらがお好みでしょうか・・・?
ホストクラブのデザインを数多く手掛けたプロフェッショナルとして、どんなリクエストにもお答えいたします!