COLUMN

2023.07.14

【事例で解説】<AK流>売上に結びつく店舗内装デザイン Part2

今週も各事例に基づきAK流の内装デザイン・設計のポイントについて解説していきたいと思います。

 

 

千代田区飯田橋
Pizzeria Piatto

 

この店舗のデザインコンセプトは「Flower jewelry box」です。

 

飯田橋アイガーデンテラスという施設の象徴となる「ガーデン」のイメージと調和しつつ、洗練された品格のある空間と、普段使いはもちろん、ウエディングパーティー等のイベントでも使用することのできる空間を目指しました。

 

このデザインの一番のポイントはメインフロアの天井一面に設けた「Flower Road」です。

結婚式の花道とフラワーシャワーを彷彿させるようなイメージで通路一面を飾っています。

 

花道の壁一面にはコンセプトである「Flower jewelry box」をイメージするような大型のディスプレイを設け空間の華やかさを強調しています。

 

 

また、花道を抜けた先には吹き抜けを生かす大きなシャンデリアを設けています。

 

普段の食事はもちろんパーティーやイベント等、様々なシーンに対応できるレイアウト、デザインがポイントです。

 

 

 

 
中央区勝どき
つじ田 勝どき店

 

和を感じる木目と白を基調とした清潔感を感じられる空間です。

床に重さを与えるダークグレーを配色する事で空間に落ち着きを持たせています。

この店舗の一番のポイントは天井の意匠です。

 

天井を斜めに配置し間接照明を入れインパクトのあるデザインを作りました。

照明の光が綺麗に伸びるよう傾き具合を慎重に確認しながらモックアップを重ね、出来上がったデザインです。

光源が見えないように間接照明を設置することも一つのポイントになります。

 

 

店内全体の配色は和を感じる木目を壁や天井等全面に配置し、下がり壁に白色のデザインパネルを入れ空間にインパクトを与えています。

一方で床には重たい印象を与えるダークグレーを配色する事で全体的の均衡を保ち落ち着いた印象にしています。

 

 

 

 

最後に

 

今回も2つの事例のデザインのポイントを紹介していきました。

 

店舗計画の際にはデザインコンセプト、空間の全体感も重要になっていきます。

お店に入った際にどのような印象にしたいか、考えていくことが重要となります。

 

次回も実際の事例をもとにデザインのポイントについて紹介をしていきたいと思いますのでぜひ参考にしていただければと思います。